日本劣化速報

日本の劣化を集めているブログ

子供をまともな人間に育てるということが難しい時代

同級生に犬のウンコやバッタを食べさせた高校一年の少年が逮捕されるという事件があったらしい。

news.yahoo.co.jp

 

加害者の親は自分の息子をどんな風に育ててきたんだろうねぇ・・・

まあ、やっぱり「溺愛」か「放置」か「虐待」かのいずれかには間違いないだろうけどねぇ・・・

 

親は馬鹿過ぎても、優秀過ぎてもいけないんだよねぇ・・・

馬鹿過ぎる親は、感情的だから子供をペットのように可愛がって溺愛する。子供は親がなんでも言うことを聞いてくれるから自然と自己中心的な性格になる。それが限度を超すといつの間にか手が付けられないクズ・カスになっている。

優秀過ぎる親は、若い時に勉強が好きで勉強に明け暮れてしまったため、勉強嫌いの子供の気持ちがまったくわからない。だから「勉強しない人間はダメだ」と追い込んで、子供をとんでもない方向に暴走させてしまう。。。

 

やっぱり、子供をまともな人間に育てるということは「誰にでもできる」というものではないということですねぇ・・・