読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本劣化速報

日本の劣化を集めているブログ

なぜ男性作業員のノロウィルスが刻み海苔に付いたのか?

給食を食べた児童らが症状を訴えた集団食中毒で、大阪市保健所が大阪市北区の刻みのり加工業者を営業禁止処分とし、給食に使われた刻みのりと同じ賞味期限の製品を回収するよう命じたという。。。

news.yahoo.co.jp

 

仕方のないことですけどねぇ・・・いよいよ、集団食中毒の原因の「きざみ海苔」を加工していた大阪の業者が営業禁止になってしまったみたいですねぇ。。。

 

それにしても、今回の一件というのは個人的に衝撃がありましたなぁ。

なぜなら、ノロウィルスが自分が想像している以上に乾燥に強いということや、それと、この日本にはまだ食べ物を素手で加工しているところが存在するということが分かったんですからねぇ・・・ほんと驚きですなぁ。。。 

ただ、少し気になるのは、どうやってノロウィルスが男性の手から海苔に付着したのかという点ですよねぇ。

調べてみると、ノロウィルスというのは手に付着しても普通に手洗いをするだけで落とすことができるみたいなんですよねぇ。(ノロウイルスに関するQ&A |厚生労働省

だから、今回のケースでも加工作業の直前に手を洗う習慣さえあれば、たとえ素手で海苔を触って作業をしていたとしても、多量のノロウィルスが付着することはなかったのかもしれませんねぇ・・・