日本劣化速報

日本の劣化を心配する人のブログ

タクシー暴走事故の最大のポイントは「なぜブレーキが効かなかったのか?」だろう

暴走事故を起こしたタクシーには運転席の足元にフロアマットが二重に敷いてあったというニュースが掲載された。

news.yahoo.co.jp

 

フロアマットが二重になっていたということで、暴走のきっかけが運転手の過失によるものであった可能性がでてきたようだ。

しかし、もしフロアマットが何かの拍子に動いてアクセルべダルに引っかかり、クルマが暴走状態になったとしても、そのパワーを抑えるだけの強力なブレーキが装備されていて、しっかり動作していれば大きな事故になる前にクルマを停止させることができたのではないかと思う。

事故の後に運転手が証言した「ブレーキが効かなかった」というのが、事実なのか勘違いなのかは、EDR(イベントデータレコーダー)を解析しなければ分からないが、今回はこの部分にこの事故最大のポイントがあるというのは確かだろう。